サバログ

サバログ

サバイバルさんと呼ばれていた女のブログ

バギオでサーフィン!サンフェルへ行こう!

前の記事でバギオからバスに乗ってサンフェル行ってサーフィンしたよー!

って書いたんですが、今回はその行き方に焦点を当てて書いてみようと思います!

 

まず、バギオでサーフィンをするならサンフェルナンド!!

って、言われてますよね!

 

なので、とりあえずサンフェルまでバスで行きます。

f:id:survivalsan:20181107143604p:plain

 

バギオシティからサンフェルまでは様々なバスが出てるらしいですが、私はパルタスというバス会社しか使ったことがなく、フィリピン人もパルタス推しだったため、パルタス一択でいいと思います。

 

多分、他のは窓がなかったり、冷房なかったり。。

f:id:survivalsan:20181107202405j:plain

 

バギオのSMモールの下にあるバスターミナルの真ん中くらいにお菓子屋さんの奥にひっそりとパルタスの窓口があります。

 

そして、ここでチケットを買うんですが、ここで要注意!!!

 

「サンフェルナンドまでのチケットくださーい」

って言っちゃうと、サンフェルまでしか行きません。

そして、そこではサーフィンできません。

 

どういうこっちゃかと言うと、

 

サーフィンできる場所はサンフェルナンドの町より少し北寄りのサンファンってとこなんです。

サンフェルまでって言っちゃうと、この手前のサンフェルのダウンタウンまでしか行かないバスに乗ってしまうことがあるので、要注意じゃ!

f:id:survivalsan:20181107201956p:plain

 

で、そのサーフィンできるところのすぐ目の前のバス停の名前が

「シーベイ」です。

 

なので、チケットを買うときは

「シーベイ、フォーピーポー」みたいな感じで窓口でいうと、やる気のないスタッフがものすごい勢いでチケットに穴開けて4枚チケットくれます。

2人だったらツーピーポーね!笑

 

f:id:survivalsan:20181107203525j:plain

 

これがチケット。

これをものすごいスピードで店員さん穴開けるんじゃけど、
ちゃんと、バスナンバーとか今日の日付とか値段とかわかるように穴が開けてあって感心。

 

乗るバスがわからなかったら、そこらへんにパルタスのユニフォーム来た人らが暇そうにたむろしてるから、チケット見せたらあのバスって教えてくれます!

 

バスは普通のバスです。

 

一応時刻表はあるけど、基本乗客がいっぱいになるまで発車しません!

乗客がいっぱいになるまでのんびり待ちましょう。

 

出発したら運転手以外のスタッフがチケットの確認で回ってきます。ので、その時に「シーベイ、シーベイ」ってアピールしとけばシーベイについた時に止まって、教えてくれます。

 

日本のバスみたいに「次は◯◯駅〜」みたいなアナウンスはもちろんないし、初めて行く場合どこで降りたらいいかチンプンカンプンだと思うので、しっかり降りる場所であるシーベイアピールしておきましょう!

 

あとは、シーベイに着くのを待つのみです!

 

ただ、この道が結構山の道でクネクネクネクネしていて、普段バス酔わない友達も酔って辛そうでした!

バス酔いが心配な方は、セッションロードにある薬局で酔い止めを買って飲んでから乗った方が良さそうです!

 


私はバギオ滞在中に4回くらいパルタス使ってサンフェル行ったけどバスは、運転手さんの好みで映画が流れてたり、クラブミュージックが流れてたりしてました。

 

あと、1回だけバスがトラブって途中降ろされて代わりのバスが来るまで路上で待って、乗り換えて〜ってのがありました。

その時は4時間以上かかったかな、行くのに笑

 

ちなみに友達は別の機会にバスのトラブルで乗り換えたことがあるらしく、バスの不具合は超頻繁にあると思った方がいいです笑

 

そんなこんなでシーベイに着いたらもう、ビーチはすぐそこです!!!

(1回友達が話に夢中になってて、気づいたら知らん景色じゃって運転手にシーベイは?って聞いたらもう過ぎちゃってたってことがあったらしいので、確実な方法は自分でグーグルマップで位置を確認しながらシーベイ近づいてきたらバスの座席から立ち上がってドア付近に歩く。そうすると、私たちここで降りますよアピールができるので、これだと確実ですね!)

 

f:id:survivalsan:20181107205825j:plain

 

とりあえず、バギオからサンフェルでサーフィンができるポイント、シーベイまでの行き方でした!
思いの外長くなっちゃったので、シーベイでの実際のサーフィンの様子や、帰り方はまた次回書きたいと思います!!