サバログ

サバログ

サバイバルさんと呼ばれていた女のブログ

落ち込みからの小さな冒険

こんにちは!

ジャパンはゴールデンウィークですね!

いかがお過ごしですか?

フィリピンも今日(5月1日)はレイバーデーっていう
祝日で今日は学校はお休みで、今週も3連休です!

3連休の記事はまた書くとして、
今回は今週の小さな冒険について書こうと思います!

というのも、フィリピンに来て約3週間。

今のままでは満足いくように英語喋れるようにならんわ。

ってことに気づきました!

授業に備えて、予習して単語覚えて、
発音もできないから、練習して・・・

平日の空き時間はもちろん、勉強。

休日も無職なうでお金そんな無いし、そもそも勉強しに来とんじゃけぇ極力、勉強、勉強!!

って感じで、とにかくこれしたら良いんじゃないか!
ということを本当にひたすらがむしゃらにしました!

が、しかし・・・

話のネタがないから先生との英語のフリートークが圧倒的に弾まん!!

ってか、文を書けって言われたら少し考えて書けるけど、
会話ってなると、とっさに英語出てこんし
主語、動詞、前置詞、形容詞、冠詞、・・・

スラスラ並び替えれんし、

このままじゃダメだわ!

フィリピンの先生はこっちが話すまで待ってくれるし、全力で理解しようとしてくれるけど、

オーストラリア行った時、どうなる?

ネイティブのオージーは、私の低レベルな英語を理解しようとしてくれる?

話し終えるまで待ってくれる?

こんなんで仕事できんの?

 

もちろん、授業の予習、復習は大事、けど、それより実践だわ!!!!!!!

って、ことに3週間経ってひどく痛感しました。

早いのか、遅いのかは置いといて、
(ってか何をするにも遅いことはないって信じてるんだけど)

そしてついに水曜日の夜、居ても立っても居られなくなりました。

明日、空き授業があればなんか街に出て適当に買おう。
できれば値引いてもらえるか交渉してみよう。
フレッシュジュースの中に何が入ってるか聞いて、砂糖やココナッツが入ってたら入れないでって伝えてみよう。

伝わらんかったらなんで伝わらんかったか考えて、そこが自分の勉強すべきところなんじゃないかと!

 

そんな感じで、木曜日、私は小さな冒険に出ることにしました!

3週間経ちますが、こちらに来てすぐ寝込んだ関係もあり、
まだ街に2,3回ほどしか出たことなくて、
しかも、誰かに連れて行ってもらう感じで

1人で初、外出です。ちっちぇけど個人的に冒険です。

そして、次の授業があるから2時間で帰ってこなければならない。

買いたいもの買って帰ってこれるか、さあ、行ってみましょう。

いつものジプニーに乗ってさあ、出発!

だが、しかしまだ人が全然乗ってない。
ジプニーは満員にならないと出発しないので、ここでしばらく待ちます。

そして、やっと出発したかと思うと、ひどい渋滞。

ダウンタウンに着くのに30分以上経ってしまいました。オーマイガー

帰りも混んでる可能性が高いので、1時間前にはダウンタウン出たい。

ってなったら、ダウンタウンの行動可能時間が15分しかないことになりました。オーマイガー

色々諦めて、文房具屋があったのでノートだけでも
買ってみようと。

店に入って

ノートありますか?
何円ですか?
もっと安いのはありますか?
売れてるのはどれですか?
一番安いのをください。

ってな感じで、しどろもどろながらコミュニケーションをとってぶっちぎりで一番安いノートブックを買いました。

その頃にはもうタイムリミットが笑

結局、ノートだけ買って帰ることに笑

帰りはいつもタクシーで帰ってたけど、今日は初めてジプニーで帰ろうと、グーグルマップ片手に帰りのジプニー乗り場を探す。

私が乗りたいジプニー(KM6行き)を見つけたけど、
ここもコミュニケーションチャンスだと思い、ジプニー乗り場のおっちゃんに話しかける!

私「このジプニーKM6に行きますか?」
お「いや、このジプニーはKM4に行くよ。」

な、なんだと?

※学校の日本人スタッフに「学校の住所はKM4だけど、
ジプニーはKM6行きのに乗ってくださいね!」
って聞いてたもんで、ここで私パニックになります笑

私「じゃあ、KM6へ行くのはどこ?」
お「ここで待ってたら来るよ」

いや、私はそんな時間的に余裕がない。
なぜなら次の授業の先生、ヴァネッサが待っているから

私「ここに行きたいんだけど」(グーグルマップを見せる)
お「あ〜、ここならこのジプニー乗っても行けるよ」
私「リアリー!?!?!?!サンキューーー!!!」

と、無事、KM4行きのジプニーの乗って学校へ向けて出発です!

当社の予定のKM6行きじゃないところが少し不安だったため、一応グーグルマップを見ながら帰路へ。

そしたら、なんと違う道を行くではないか。

しくった〜〜〜
あのおっちゃん、絶対地図見間違えたじゃろ〜

ヴァネッサごめん、授業間に合わんわー

このままじゃいけんって勢いよく飛び出たはいいけど
結局したいこと満足にできんかったし、時間内に帰れんし、
何がしてんじゃろ自分。

と、悲しみと情けなさに打ちひしがれながらジプニーにガタゴタ揺られました。

まあ、けどどっかで降りて乗り換えなきゃ。と、再びグーグルマップに目を落とすと、なんかどっかで曲がったみたいで結局学校の方向に行ってました笑

あー、なんだ、よかったんか。
ジプニー乗り場のおっちゃん疑ってごめんよ。ほんなら、学校の前で降ろしてもらおーって

安心しきってたらまた別の方向へ曲がろうとしたんで、すかさず
「パーーーーラーーーーー!」

って急いで叫んで、降ろしてもらいました。
(ジプニーはパーラーと運転手に伝えればそこで降ろしてもらえる)

そこから少し歩いて学校まで。
無事、時間内に帰ることができました笑

結局、その話を次の時間にはすることができて、
会話も弾み、思ってたことすべてはできなかったけど、

出かけて良かったってなりました!

次はもっと時間的に余裕を持って、
出かけたいと思います笑

これからはもっと活動的に頑張ります!

ってなった、先週でした。